麹の勉強会(京都の老舗種麹屋「菱六」さんにて)


300年の歴史を持つ京都の老舗種麹屋(たねこうじや)「菱六」さんのお座敷で、
一子相伝の技を受け継ぐ菱六の助野彰彦社長から直接教わる麹の勉強会。

2017年11月、2018年2月と、麹の勉強会をして頂き、ご参加の皆様には大変喜んで頂きました。

今回は第二弾の企画として「麹(こうじ)の酵素」につい
お教え頂けることになりました。

何百年にも渡り、麹菌と日々向き合ってきた菱六さんの、
「麹菌の酵素」に特化した貴重な勉強会、是非ご参加下さい。

【内容】
麹(こうじ)の酵素の勉強会

・酵素研究の歴史
・酵素の性質
・醸造に関わる酵素の紹介
・身近な酵素の例

*自分で何回か発酵食を作ったり、麹を作ったりしている少し詳しい方向け

【講師】
京都老舗種麹屋「菱六」社長 助野彰彦氏

【場所】
「菱六」内 お座敷
郵便番号605-0813
京都府京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤(ろくろ)町79

【日時】
6月15日(金曜日)
12時30分ー14時30分(受付12時10分ー)

【参加費】
3000円

【募集人数】
定員20名 満席・キャンセル待ち受付中
(15名様は、三日月kanメルマガ読者様先行予約にてご予約済)
お子様の同伴は不可とさして頂きます。ご了承下さい。

【キャンセル待ちのお申し込みはこちらから↓】
http://mikazukikan.website/entry


【麹菌について】
麹(こうじ)菌は、清酒、味噌、醤油、お酢、甘酒など、
日本の伝統的な調味料の製造に使われるカビの一種で、
日本の国菌に認定されています。

現在では、産学官連携による麹菌の遺伝子解析も終了しており、
カビ毒を持たない安全な菌であることが明らかになっただけではなく、
遺伝子数が微生物の中では最大級であることや、
タンパク質や多糖類などを分解する酵素が多く存在することなどが
明らかとなっています。

【種麹屋さんについて】
何百年もの長きに渡り、種麹屋さんではより質の優れた麹菌を見分けて育ててこられ、
酒蔵・味噌蔵など醸造メーカーでは、基本的に種麹屋さんが育てた麹菌を購入し、
製品を作っておられます。

その種麹屋さんも、現在では全国に10軒ほどしか残っておらず、
和食の本場京都でも菱六さんしか残っていません。

ーーーーー
<主催>
主催:足立とも子( NPO法人環境情報ステーションpico副代表 )
               北芝美佳( 三日月kan-手作りや昔ながらのもの、自然なものを楽しく学ぶところ-)


前回、前々回とは違う角度から観る麹菌のお話、
私もとても楽しみにしております。
是非ご一緒しましょう!

【キャンセル待ちのお申し込みはこちらから↓】
http://mikazukikan.website/entry